2017年06月25日

2017年6月25日 インプロビゼーション・脚本作成

午前中は各班に分かれてのインプロの続きを行い、講師からアドバイスをもらいまし
た。他の班が演じている間はじっと仲間の演技を見る。これも大事な活動です。

この日は今年の参加者が全員そろったので、お昼ご飯前に集合写真を撮りました。
ちょうど雨も上がってくれてラッキーでした。

午後からはいよいよ、あらすじやシナリオ原案を書きに全員がとりかかりました。講師から渡
された資料も参考にしながら、一人一人が講師に相談に行き、中には何度も相談に行った人もいたようです。
じーっとうずくまって考えている人、柱の陰で何してるかなと思ったら、ものすごい集中力で書いている人、手遊びしながら時折言葉がぽんと浮かんでくる人、スマホにメモをずっと取って最後には机に向かってもりもり書き出す人…次の活動日までに書いてくるよう宿題が出され、原稿用紙を20枚以上持ち帰った人もいました。

次は皆が書いてきたあらすじなどをもとに、どのシナリオ原案にするか決めます。次も室内での活動ですが、ご飯も水分もしっかり摂って頑張りましょう。
posted by シネマウマJr at 00:00| 日記

2017年06月18日

2017年6月18日 脚本作成

場所:百合ケ丘勧交会館
時間:9:30〜17:00

今年のインプロビゼーションはなかなかの面白さです。今日は1チーム4名が休んだものの、残りの6チームでチームごとにインプロビゼーションの内容を再検討しました。午前中は各チームに分かれ、流れを作り直し、午後はその演技を撮影。ディスプレイにその素材を映して、自分たちの即興芝居を客観的にみてどう思うかを考えてもらいました。

もう1週、インプロビゼーションを行ってみて、その後はシナリオに落とす作業を進めていきます。
posted by シネマウマJr at 23:53| 日記

2017年06月11日

2017年6月11日 オリエンテーション・脚本作成

場所:川崎市アートセンター工房
時間:9:30〜17:00

2017年のジュニア映画制作ワークショップは本拠地、川崎市アートセンターの工房から始まりました。参加に当たっての諸注意の説明やスタッフ自己紹介をしたあと、今年はインプロビゼーションを始めました。インプロビゼーションとは即興芝居のこと。参加申し込み時に書いてもらったキャラクター設定表を元に、演じる各自の設定を決め、その場で芝居を決めていくような流れです。
3〜4人のチーム7つに分かれて、相談しながら芝居を決めていきました。午後2時頃から今日決めたものを一旦発表。コメディタッチのものからシリアスな話、コントに至るまで様々なバリエーションの話ができてきました。
あと2回を使って、芝居の中身を動かして行き、シナリオの元になる芝居を作っていきます。
posted by シネマウマJr at 23:59| 日記